2020年09月01日

直島アート巡りB

こんにちは!
彩ろ里工房の佐藤です。

本日は、社員研修で行った“直島”レポートの最終回です!
第1章「出発から地中美術館まで」第2章「お昼ご飯とベネッセミュージアム」と書いてまいりましたが、それも第3章「直島家プロジェクト」にて終了となります。
それでは、はじまり、はじまり〜!

家プロジェクトベネッセアートサイト直島の一つです。
こちらも彩ろ里工房でお世話になっている業者さんのおかげでガイドさんと共に回る事が出来、作品をより理解する事が出来ました。

家プロジェクトも写真撮影禁止な所もあったり、実際行ってみて見てもらうのが一番かと思い写真は多くありません。
まずはその中でも、外観の写真ばっちりな【護王神社】のレポートです。

20200709直島_200901_2.jpg


正面写真、バッチリ押えました(^^)v
ここは石室と本殿がガラスの階段で結ばれていて、地下と地上が一つの世界を形成しています。

20200709直島_200901_0.jpg


横からの本殿。ガラスの階段、氷のようで綺麗でした。
ここは、地下も見る事が出来ます。
地下から見る外の見え方が神秘的と言いますか、印象的でした。
外へ出る時も視界の先に見える外の景色の見え方がかなりポイントになっていると思います。

その写真はあえて載せません!
皆様の目で実際に見て感じてもらうのが1番だと思います。


続いてはこちら!
【はいしゃ】というかつて歯科医院兼住居だった、建物を作品にした家です。


20200709直島_200901_8.jpg


廃墟の様にも見えますが、中は不思議な空間でしたよ!
吹抜けになっていたり、こんなところにこんなものが?!というものがあったり!
外から見るより中の空間が広く感じました。

外壁に埋め込まれた、“歯”にも注目してみてくださいね(^^)

家プロジェクトの作品の写真は以上です。
2作品しかありませんが、行ってからのお楽しみという事で、皆様にワクワクしてもらえればと思います♪


私が特に気に入った作品は、【石橋】という作品です。
千住博さんの「ザ・フォールズ」は圧巻でした。
大きな作品というだけでも迫力がありましたが、空間自体もひんやりとしていて厳かな雰囲気がなんとも言えませんでした。
以前来た時はこんな風に思った覚えがありませんが、また見たい作品の一つになりました。
落ち着いて作品を楽しめるようになったというか、それだけ大人になったという事なのでしょうか(笑)


家プロジェクトを回っている時の町並みも楽しい風景がありましたよ(>v<)

お休みでしたが、可愛い外壁のお店「cat cafe にゃおしま
nyaoshimaって、可愛いやないか〜♡
20200709直島_200901_3.jpg




お店なのか通りの飾りなのかが不明ですが、こんな所もありました!
カボチャのミニオブジェや浮き玉に描かれたキャラクター達☆
20200709直島_200901_4.jpg

20200709直島_200901_6.jpg


トトロが特に可愛い〜!!
20200709直島_200901_5.jpg


浮き玉カエルが他のお店の外にいまいた!
そちらも可愛くて、石原さんが撮影してました(^^)
20200709直島_200901_7.jpg


道すがらおネコ様たちにも会いました♪

20200709直島_200901_10.jpg


あくび〜。のんびり島時間だにゃ〜。
…なんちゃって(笑)
20200709直島_200901_9.jpg



家プロジェクトを全て見終わり、アート巡りは終了です。
海沿いを通って、スタート地点の本村ラウンジ&アーカイブへ戻りました。
20200709直島_200901_13.jpg

1日を通して、沢山のアートに触れる事が出来、短いですが久しぶりの船旅も楽しく、充実した1日になりました。
コロナウイルスが落ち着いたら、またのんびりと訪れてみたいです。

書き綴ってきたのは7月の出来事ですが、もうだいぶ前のように感じます。
時間が経つのが、とても早く感じる今日この頃です(^^;)

早く自由に外出が出来る日が戻ってきて欲しいですね!
では、直島アート巡りはこれにて完結です☆
レポートの投稿が数か月かかってしまいましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました!



posted by 彩ろ里工房 at 12:05| Comment(0) | 日常